ストレスを感じないように

臭いが気になってしまう人

中には、臭いに敏感な人がいると思います。
すると、リフォーム中の塗料の臭いが嫌になってしまう可能性があるので注意してください。
耐えきれないと思ったら、仮住まいに避難しても構いません。
自分のストレスを、少しでも緩和できるように選択しましょう。
特に外壁をリフォームする時に、臭いが発生しやすいです。

大きな音もするので、それが苦手な人も仮住まいを用意しましょう。
リフォームする時は、屋主がいなくても進めることができます。
無理にリフォームが行われている中で生活を送り、具合が悪くなると業者も迷惑だと感じるでしょう。
リフォーム中に落ち着いて暮らせないので、数日のリフォームでも仮住まいに移動することをおすすめします。

手続きを済ませよう

仮住まいに移動している時に、電気代やガス代を発生させないように停止手続きを行ってください。
自分がそこに暮らしていないのに、それらの基本料金が発生したら料金がもったいないです。
それぞれの電気会社やガス会社、水道は自治体の水道課に連絡をしましょう。
しかしリフォームを行う業者が電気やガス、水道を使う場合があります。

リフォームに支障が出ないように、前もって使うのか聞いておきましょう。
電気やガス、水道を使わないと言われたら、手続きに進んでも構いません。
そしてリフォームが終わったら、再び使用できるように連絡しましょう。
連絡が遅れるとリフォームが終わってからもライフラインが使えず、生活を送るのが困難になります。