仮住まいにできそうな場所

親切な知り合いを探す

親しくしている友人や親戚が近くにいたら、リフォームが終わるまで住まわせてもらうのが良い方法です。
お願いする時は、丁寧に頼み込んでください。
こちらが居候させてもらう立場なのに、上から目線になると相手は不愉快な気分になります。
すると、断られるかもしれません。
また相手に生活費を支払ったり、家事を手伝ったりするなどのルールを決めましょう。

住まわせてもらっているのに、何もしないのはマナーが悪いです。
次第に相手との関係性が悪くなるかもしれないので、特に生活費に関することは事前に決めておきましょう。
親しい関係だからこそ、お金のことは細かく決めてください。
しっかりお金を渡すことで、余計なトラブルを防止できます。

ホテルを選択する

近くに住まわせてくれる知り合いがいない場合は、ホテルを選んでください。
ホテルを仮住まいにすると、高額な費用が発生すると思う人が見られます。
しかし短期間のリフォームなら、ホテルでも大きな出費になりにくいので安心してください。
むしろ会社に近い位置にあるホテルを選択することで、交通費を削減できるメリットがあります。
小規模なリフォームだったら、数日で終わることが多いです。

周辺にたくさんホテルがあるなら、それぞれの料金を比較してください。
ウィークリーマンションを仮住まいにする人もいますが、それは長期的なリフォームの時に使うことをおすすめします。
リフォームの日数によって、選択すべき仮住まいが変わると覚えておきましょう。